七飯幹線用水路環境保全活動

7月16日(火)、シンオシマ安全衛生協力会と七飯町内の環境保全に取り組むボランティア団体の水豊会とが連携し、七飯幹線用水路の環境保全活動を行いました。

2008年から継続的に行っている活動は今年で12回目となり、当日は、齊藤建設、能登谷建設、林組、若狭組、和工建設の協賛5社のほか、函館開発建設部、渡島総合振興局、七飯町、JA新はこだて等から約100名が参加し、七飯町飯田町から緑町までの1.5kmの区間の草刈りやごみ拾いを行いました。

来年からは区間をさらに500m延長し、活動を継続していきます。