茂辺地小中学校のみなさんが工事現場を見学!

函館・江差自動車道は、函館市と江差町を結ぶ全長約70kmの一般国道の自動車専用道路です。現在、北斗茂辺地IC~木古内IC(仮称) までの延長16.0キロメートル の茂辺地木古内道路で事業が行われております

当社で施工する茂辺地IC改良工事にて、6月28日地元の茂辺地小学校の児童、7月13日に茂辺地中学校の生徒を対象に、函館・江差自動車道や道路建設に関する理解を深め、地域との交流深めるとともに、建設業への興味関心を持ってもらうことを目的に工事現場見学会を行いました。

見学内容は工事内容や現場で使用している重機の説明、ICTバックホウ試乗体験等。児童たちは重機の写生会も実施。絵は完成後、工事事務所に掲示する。

引き続き、安全第一で施工を続けて参ります。見学会を通じ建設業の担い手確保や人材育成に貢献できたらと思っております。