沿革

昭和45年 創業者 岡島 誠、土木請負業岡島建設を八雲町に本拠を置く
昭和47年 資本金500万円で株式会社岡島建設となる
岡島 誠が社長就任
昭和54年 新社屋落成(現八雲支社)
昭和55年 資本金3,000万円に増資
昭和56年 札幌支店開設
昭和62年 函館支店開設
平成4年 アスファルト合材プラントを八雲町野田生に開設
平成7年 資本金5,000万円に増資
平成10年 株式会社大竹組(七飯町)と合併、社名を株式会社シンオシマに変更
七飯支店を開設、大竹 幸次郎が社長就任
資本金1億5,000万円に増資
平成13年 ISOマネジメントシステムISO9002認証取得
鈴木建設株式会社(月形町)と合併、月形支店を開設
函館支店を閉鎖、七飯支店に統合
横谷 隆が社長に就任
資本金1億6,000万円に増資
平成14年 月形支店を月形本店に昇格
平成16年 ISOマネジメントシステムISO9001:2000に移行
平成17年 本社を七飯へ移転、八雲支社開設
シンオシマ商事に会社分割
平成19年 本社新社屋落成
アスファルト合材プラントを閉鎖
平成21年 創業者 岡島 誠逝去される
平成23年 札幌支店閉鎖、月形本店に統合
平成28年 資本金 9,500万円に減資